.

キャッシングに関しての返済内容は金融機関の経営方針如何で随分相違というものがあって、多様なやりようが採用されています。75-8-29

類型的なところではスライド法やリボルディング払い法が選択されているようです。75-13-29

また斯様な誰しもが聞いたことがあるリボ払いですけれども本当のことを言うと算出様式にいろいな形式といったものがあるのです。75-7-29

それゆえさのごとき方法によって支払い合計額が違ってきてしまうわけですから、知ることで損することはないはずです。75-15-29

簡単に2つの手法のへだたりに関して説明しましょう。75-6-29

一つ目は元金均等払いで、もう一つは元利均等払いというものです。75-17-29

それぞれその名を冠する通り、元金についてを均分にして払っていくという方式と、元金と利率に関してを全部で均等に返済していく手法になります。75-18-29

今回のケースではたとえば10万円借り入れたと設定して、実際のところいかような勘定をしていくのかやってみましょう。75-14-29

利回りはどっちも15%として算定します。75-12-29

それからリボルディング払に関する支払いを1万円として考えます。75-19-29

取りあえず元金均等払いのほうからいきましょう。

かくのごとき時のはじめの返済は1万円へ利息分1250円を加えた引き落とし金額となります。

2回目の支払いに関しては1万円に対して金利の1125円を加算した引き落としになるのです。

かくして全10回にて支払いをお終いにすると言う様式になります。

一方、元利均等払いとは1度目の支払については1万円でそこから元金へ8750円金利に1250円といった感じで割り振りをします。

2回目の返済に関しては元本が8750円へと減った状態にて利率を算定してその1万円を再び割り振りをします。

すなわち、元利均等払いの場合では10回で支払いが完了しないといった計算になるのです。

これだけの差異で両方がいかに相違してるのか理解してもらえたことでしょう。

元利均等というものは元金均等と比べ、まぎれもなく元が減少していくのが遅延しているという欠点があったりするのです。

即ち利率というものをおおく支払うという状態になります。

一方では1度目の返済が些少な金額で済んでしまったというようなプラスというものもあります。

斯様な支払形式に関してのギャップによって引き落し合計額というものは相異なってきたりしますので自分の嗜好に合う計画を採用するようにしましょう。

Copyright (c) 2000 www.erf-medoc.com All Rights Reserved.