.

クレジットを使用取りやめにするということそのものはまことに簡単なことに違いありませんが、使用取りやめにする前にチェックしておきたいいくつかの留意点に関しても理解しておくことをすれば、クレカの機能停止を卒なく進めることが確実になるに違いありません。

実際に注意する点を執筆してみたので是非、参照して頂きたいと思います。

カード加入直後特別の事情無く即無効化してしまうのはやめておくべき〉カード登録したそのあと間髪入れずクレカを無効化してしまったならば申請を受け付けるべきでない人間などというように取り扱い会社の評価において処理されるというありがたくない出来事が起こってしまいます(まずないでしょうが頻繁に登録⇒使用取りやめにというやり取りを行ったようなとき)。

あり得そうなのは加入プレゼントの獲得が目的である契約の場合、プリペイドカードもしくは各種特典などの申請時の利点を全て味わい尽くしたので即登録解除の手続きを行いたくなる気持ちも納得できますが、カードサービス会社の視点において検討してみれば迷惑な顧客に関して絶対自社の提供するカードを自分勝手に使用されて無用な損失を出したくないなどと利用者を切り捨てるくらいのことがあっても当然。

ですから、仮に申請時の特別待遇を狙ってクレカをなどを申請してしまったとしてもすぐに契約解除実行せずまずは1年の半分、許されるならば契約後1年が経過するまでは登録したクレカについては保有してその後解約することを推奨したい。

契約時の限定特典だけに限定せず、とりあえず作成してみたが使用する機会がないから今すぐにでも使えなくしたい・・・などという時、最少でも180日以上財布の中のカードを所有し続けておいてください。

利用者が何となく思っているのとは裏腹にクレジットカードというものを新規に発行するときのマージンというのは避けられないものですから、ちょっとでも手間を減らしてあげようという具合に思って余裕あるコミュニケーションを取って頂けるならばお互い悪い気分にはならないように思います。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.erf-medoc.com All Rights Reserved.